Home > 2007年11月

2007年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

神楽坂







神楽坂

とても素敵な街です。


江戸の粋が残るこの街は、
たとえば祇園や奈良町のように暦史的な建造物もないし
古きよき日本に思いをはせるような街ではありません。
その粋が『かたち』で残っている街ではないのです。

Continue reading

市場





鎌倉の農協市場です。 
駅近くにあるんですが
戦後からの姿が残っていて思わず
いつもよってしまいます。

Continue reading

何をしよう、どこに行こう




遠い景色を見たり、小さな旅をしたり、
何かを選んだり、何かをさがしたり、
本をよんだり、手紙をかいたり、
一生懸命料理を作ったり、それを食べたり、
グチや弱音を言ったり、それを聞いてみたり、
昔のことを思い出したり、今日を思ったり、

秘密をつくったり、打ち明けたり、
ぼんやりしたり、ごろごろしたり、
怒ってみたり、褒めてみたり、
どきどきしたり、どきどきされたり、
涙を流したり、笑ったり、
抱きしめたり、抱かれたり、

近づいたり、離れたりするけど、
決して心は別れない。

何もしない、どこにも行かなくても、
一緒にいることが当たり前な関係でありたい。

そういう当たり前な友達でありたい。
そういう当たり前な家族でありたい。

                 (松浦弥太郎 くちぶえサンドイッチより)

Appellation Corbieres Controlee




おいしいワインを探すのがすきです。
しかも1000円~2000円までのデイリィーなワインのなかからです!
(むかしはラベルにお湯にかけて剥がしファイルしてましたが・・・)

高いワインはおいしいだろうし何かの記念日にしか飲めないので
やっぱりターゲットは安めな価格!
街で気の利いたワイン屋をみかけると思わずはいってしまいます(笑)

最近好んでのんでいるのが写真のワイン
南仏のコルビエールのワインです。

エールフランスのビジネスクラスに初めて採用された
南仏の白ワインだとか。

南仏の白ワインらしからぬバランスのとれた味でおすすめです!
デイリィーな値段なのに土の味?(食べた事ないが)ぽっさもあります。(笑)
(なくなる前に箱買いしたいっ!)

ラベルもシンプルで気に入っています。
あーフランスならこのワインも驚くほど安いんだろうな

Bibbidi-Babbide-Boo




いくつになっても
やっぱり

夢の国は夢の国ですね!

Continue reading

豪徳寺の招き猫

img235.jpg

img234.jpg


家の近くにある世田谷の豪徳寺は
招き猫が有名です。

大小さまざまなサイズの招き猫を買うことができます。
手づくりなのかひとつひとつ表情がことなり見ていて楽しくなってきます。

紅葉もきれいなので晴れた日には近くの
おいしいたこ焼きをほくほくと食べながら散歩したいです。

ローライと

img231.jpg

img233.jpg


たまにはローライ片手に鎌倉散歩も大好きです。

上からスクリーンを覗き込むと本当に世界が美しくみえます。
(まわりからみればお辞儀してるみたい)

シンプルな風景ほど中判でとりたくなります。
中判にはハッセルもあるけれど僕の場合ローライの優しい外観がすきです。

楽園

img2.jpg

img23.jpg


幾千年もたったとて

語りつくせるものでない

あなたがわたしにくちづけし

わたしがあなたにくちづけた

あの永遠のひと時を

それはある日の朝のこと

冬の日ざしにつつまれて

モンスリ公園の中だった

そこはパリの町の中

パリは地球の上の町

地球はひとつのお星さま
 
(ジャック・プレウ゛ェール 楽園より)

巴里の空の下オムレツのにおいは流れる

img221.jpg


『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』
シャンソン歌手石井好子さんの料理エッセイです。

フランス生活のなかでの料理にまつわるエッセイが中心ですが
生活に関わる考えかたなどは今よんでも非常に刺激をうけます。

僕は以外にも料理が好きです。(といってもたまにしかしませんが)
特にシチューやポトフなど煮込むのが好きです。

考えが煮詰まったときなどはワインをのみながらルクルーゼのココット・ロンド
というかわいらしい鍋(ぼくのは緑です!)
で野菜や肉を弱火でことことと煮詰めると
何故か頭がカラッポになりリフレッシュできます(笑)

料理が出来上がるころには自分もできあがっていますが(笑)

元町の喜久屋

R0012086.jpg


横浜の元町はとても素敵な場所

どこか昭和の匂いとヨーロッパの匂いがまざったようなような素敵な街です。

喜久屋はお気に入りのケーキ屋さんで
これぞ正統なショートケーキ!と喜んでしまうようなショートケーキが
食べられます。
子どもの頃、誕生日にたべたようなショートケーキに出会えるよろこびが
このお店にはあります。

すてきすぎておなかいっぱいです(笑)

R0012064.jpg


R0012074.jpg

presen

きょうは来年の工事のプレゼンで山梨までいってきます!

今は純度100%じぶんの設計だけど
工事がはじまる頃には色々な意見まとめながら変更していくのかな。

どこまで純度をのこせるかが勝負です!


img214.jpg

足跡

R0011988.jpg


 そこらじゅうに

     ついた

          足跡を

追い求めるように

Continue reading

M4のシルバークローム

img209.jpg


M4のシルバークロームはうっとりするような美しさです。
いまのプロダクトにはない質感です。

カツミ堂のおじちゃんが言うには、今では禁止されている激薬で
このクロームメッキは出来ているらしい。

禁断の薬で出来たメッキ、どこか惹かれるものがあります。
M4には人を癒す効能があるみたいです。(笑)

ぼくのM4は1970年製 ぼくより5つ歳上です。

表参道の同潤会

img207.jpg

img208.jpg


いまはもうなくなってしまった表参道の同潤会アパート。

同潤会があり、まだクリスマスのイルミネーションが行われていたときの
表参道はほんとうに美しかった。

今ではスーパーアーキテクチャによるファションビルと人があふれんばかり、
活気があるようにみえるけど僕には寂しい風景です。

建築と老朽化の問題。
本当に青くさいことだとわかっていても残してもらいたかった東京一の風景です。

Home > 2007年11月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。