Home > 2009年01月

2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Through My Window

img111940.jpg





風が窓のずっと向こうから

やっと部屋に着いたよ

一体どこから吹かれてきたのか?

カーテンの隙間からは

こぼれる日射しが。。。


〈DOOPEES  Through My Windowより〉

Cold Roses

img11936.jpg

美しさとあたたかさ

img11921.jpg



最近は寒い日が続いていますね。

こう寒い日が続くと
休日は家でのんびりと暖まっていたいなんて思うかたも多いとおもいます。
が、ぼくの場合、
じっとしていられない質なのか寒くてもやっぱり散歩に出てしまう。(笑)

普段なにげなく散歩をしていると
不思議と美しいものを探して散歩していることに気付いてしまう。
公園に咲くバラもそうかもしれないし冬のか弱い日射しもそうかもしれない。

ある日西郷山公園を散歩していると
子供達が順番で自転車2台を交代で乗りながら公園を何秒でまわれるか競いあっていた。
子供ながらにいろいろ決まり事があるらしい。
直前に乗っていた人が審判をしもう独りが時間を口で数えていたり
なかには一緒に翔る子もいた。(笑)

スタートする直前にぼくは子供達の前にたちさっと1枚とって
レースの邪魔にならないようコースを譲った。

こんな寒い日には暖かく美しい光景だった。
どうやらぼくのなかでは美しさとあたたかさは繋がっているらしい。

ヨーイ スタート!

東京冬散歩 4  表参道

img11931.jpg


岡本太郎記念館をでてからは
しばし表参道界隈を散歩することになりました。

plrさんのおすすめで長い事閉館になっている根津美術館前にある
ロモショップにいってみたり、
貴重な写真集も随時販売しているRATHOLEギャラリーで大道さんの作品をみたりと
充実の散歩になりました。(笑)

そしてカフェで一休みしてお店を出ると
もうどっぷり日が暮れていました。

まだまだみなさんは目黒までお散歩にいかれたようですが
ぼくは表参道を登って原宿駅でみなさまとお別れしました。
続きは皆様のブログで楽しみにしております。
充実した1日、参加した皆様どうもありがとうございました!

Continue reading

東京冬散歩 3  岡本太郎記念館

img11905.jpg


青山の岡本太郎記念館です。
みんなカメラを持っていたからか
館内は撮影しても良いですよ、と館内に入るなり受け付けの方が
言ってくれました。

通常美術館であれば美術品について撮影を禁止するのが日本の常ですが
ここはさすが岡本太郎記念館!

太郎さんは学生時代パリに何年か住んでいたようです。
太郎さんが芸術作品に涙したセザンヌの作品はルーブルでみたようですが
ヨーロッパの美術館は大抵館内で撮影可能なんです。
もちろんルーブルも。

さすがは文化の長としてのヨーロッパ。
こんなところでも文化へ対してのおおらかさというか
自信のようなものを感じます。

太郎記念館での作品への撮影を許可しているのは
太郎さんのおおらかさや自信なのでしょうか?
それとも別の意味があるのかもしれません。

いずれにしても日本でもせめて美術館所蔵の作品については
撮影可能な美術館がどんどん増えれば
芸術もほんとの意味でもっと盛んになるのではないでしょうか?
そんなこと考えてみたりしながらも目の前の太郎さんの作品を存分に楽しみ
そして太郎さんの大作をフィルムに焼き付けました。
二度おいしくて得した気分になりました。
もちろんファインダーからは汗がながれた。(笑)

Continue reading

東京冬散歩 2  shibuya station

img11910.jpg



ぼくが子供のころは渋谷なんてmidoriyaしかありませんでした!
今では若人でごったがえしております。
昔は渋谷系?いまはおじさんのぼくです。(笑)
みなさま おはようございます!


渋谷区役所前で食事をすませ
スペイン坂をくだりセンター街を練り歩きました。
そしてみんなで目指したのは渋谷駅です。
この渋谷駅前交差点はいつ見ても人が多くていいです。
ある意味パワースポットといってもいいくらいのパワーを感じ得られるので
ぼくは好きなんです。

そして何故みんなで渋谷駅に行ったかというと
そうなんです岡本太郎の作品、明日への神話をみるためです。

Continue reading

東京冬散歩 1  明治神宮

img11902.jpg



次回の散歩から必ず帽子を被ろうと誓ったぼくです。
みなさまこんばんわ!


先日わいわいがやがやと東京冬散歩をしてきました。
なんと今回は10人もの参加数!
すごい事になっております。

そのなかでも際立っていたのは
イケメンぞろいの男性陣だったのではないでしょうか?(まーぼくを除いて 笑)

初めてお会いした岐阜からお越しのウナムさんもスマートですし
今回初めてお知り合いになったTaneさんも腕時計も決まって出来る男風。
これまた初めてお知り合いになったそのっちさんは癒し系のタイプで
土木話でもりあがりました。
そしてそして空の書斎アニィーは少年の瞳を輝かせております。
うーん豪華絢爛です。(笑)


まず最初に向かったのは明治神宮前!
この時期なにもお花が咲いていないにも関わらずみなさんをお連れしてしまい恐縮です。
観光巡り定番中の定番ですね。

広大な敷地のなかには湧水もあり鳥との戯れもありたのしかったです!
何度行っても心落ち着く、やっぱりいい場所ですね!


Continue reading

I LOVE BRUCE WEBER

img11865.jpg


img11885.jpg




大好きな写真家の一人にブルース・ウェーヴァーがいる。

ノマドなライフスタイルからくるのか映し出される
写真はとても自由で伸びやかで見る人を癒してくれる。

1959年型のエル・カミーノに乗りローライフレックスを愛用している。
まるでマイアミのサンタクロース!とも思えてしまう彼の愛すべき風貌で
ローライフレックスを構えると
あんなに存在感のあるローライがとても小型のカメラに見えるから面白い。(笑)

彼が撮る
モノクロームには色が見え
やさいいカラーネガの写真からは鼓動が聞こえてくる。

けれども彼の名を有名にした写真集
O Rio De JaneriroもBEAR PONDも見たことないし
写真集も一つももっていない。
というのも彼の出版する写真集は少数しか出版されず絶対に重版もしないので
常にプレミアの付いた価格で取引される。
というわけでいつもガラス腰に飾られたブルースの写真集をただ指をくわえて
見つめることしかできない僕なのですが、いつかは自分の手に取ってみたいです。


大の犬好きの彼の写真にはたくさんのゴールデン・レットリバーがでてくるが
葉山でブルース・ウェーヴァーよろしく、僕の撮る写真には
日本犬が写ってしまった。(笑)

海の音

img11883.jpg





冬の静かな誰もいない海。

冬の透明な光が海を優しく照らしてくれます。
こんな時間はなにも考えず海をみていたいですね。

なにも考えず海をただ眺めていると不思議と“海の音゛が聞こえてきます。

それは
風の音かもしれないし
波の音かもしれません。
あるいは二つが美しくハミングした音かも。


休日の締めくくりに“海の音゛を聴く。
ぼくにはそれが最高に贅沢な時間です。

青葉台・猿楽町散歩

img11876.jpg



お正月からこの三連休にかけて休日はとても気持ちのいい
お天気が続いている東京です。みなさまの街はいかがでしょうか?

ぼくのほうはというと。。。
予てから気になっていたsummilux50mm f1,4の球面タイプ(最終期)を
割安で手に入れられたので猿楽町、青葉台に散歩に行く事にしてみました。
小高い丘の上が渋谷区の猿楽町で坂をくだると目黒区の青葉台になります。
この辺一帯は個人経営の小さなお店がたくさんありどこもみんなすてきです。
そしてやっぱり散歩するのが楽しい街です。


Continue reading

Escape into Hope

img11862.jpg

冬がきたある日

img111833.jpg




北鎌倉の植物達は季節に敏感だ。
東京との四季の移ろい方が若干違うのかもしれない。
それともただぼくが四季の変化に鈍感になっているだけかもしれない。

季節の変わり目に鎌倉へ行くのは楽しい。
それは例え色が少なくなる冬の始まりだとしても
鎌倉の植物達はきっと笑って出迎えてくれる。
そっと微笑むように。

東京に冬がきたある日
北鎌倉には春の兆しが訪れた。

花でもてなす

img1111828.jpg




鎌倉の神社仏閣の門前や喫茶店のテーブルには
よくよく野花が添えられている。

けして高価ではないけれど
その場所でしか出会えない野花達との出会いに自然とほほが緩む。
こんな所に粋を感じられるのが鎌倉のいいところ。

ぼくのブログはもちろん見ていただいても
お茶もでないし美味しい空気は吸えないが、(笑)
この北鎌倉は明月院、
門前の野花のように
あたたくみなさんを和ますことができれば本望だ。


ぼくも鎌倉に習おう。

年末年始はLeica CL

img11815.jpg


img11792.jpg


とうとう冬休みも終わってしまいましたね。
みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?

ぼくのほうはずっと東京で毎日散歩をしていました。(笑)
年末年始のお供は小さなLeica CLと共に過ごしました。
正月の食材の買い出しや年始の参拝や挨拶周りなど
散歩が目的でない散歩の場合も大活躍のカメラです。

ぼくとしては初めて自分で買ったカメラなのでとても愛着があるカメラなんです。
買った当初はあまりのご寵愛で(笑)いつでも持っていたせいか
銀座で落としてしまいファインダーにひびとボディに傷ができてしまいました。
それでも40mmの微妙?な画角のレンズはとても気持ちがよく
ライカらしい描写とあいまってやっぱり好きなカメラの一つです。

とても存在感のあるローライフレックスを持ち出した次の日なんかに持ち出すと
肩から下げてもカメラを持ってないのかと思うほどの軽やかさです。
個人的にはカメラに求めるものは味のある描写性と
明確に自分で絞りとシャッタースピードが決められればいいので
このCLはお散歩カメラにまさに打ってつけです!
最近は例のゴムフードは付けずに撮影していますが滲み具合が強調されていい感じです。
(CLとのおもいで話はこちらでどうぞ。)

写真は小さい頃からの恒例の明治神宮初参り後に散歩した代々木と表参道と青山です。
ほんとうに気持ちのいいお正月でした。
さー明日から仕事がんばるぞ!

Continue reading

A Happy New Year!

img11769.jpg
<Niceの日の出>

img11767.jpg
<Niceの朝>



あけましておめでとうございます!

晴れ渡った実に気持ちのいい元旦となりました。
今年もたくさん散歩してたくさんの『素敵』をみつけていきたいと思います。

今年もワクワクした気持ちでいっぱいです。
さあー みなさん素敵な2009年にしましょう!

Home > 2009年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。