Home > 2009年04月

2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

根津神社のつつじ祭り


img111243.jpg


毎年必ず訪れる、根津のつつじ祭りに今年も行ってきました。

青空の下、色とりどりのつつじに囲まれて
乙女でもないのに鳥居を潜って乙女稲荷神社でお参りしたり
その先に広がる出店を巡ったりと楽しい祭りであります。

つつじ祭りというとやっぱりつつじが主役となるのですが
根津神社の新緑は一際美しく
これはもう新緑祭りと言ってもいいくらいかもしれません。(笑)

眼にも爽やかな新緑とつつじ。
それに気持ちのいい風と青空がぼくを幸せな気持ちにさせてくれます。
なむなむ!

Continue reading

Viva La Vida


img111228.jpg

春 鎌倉散歩


足どりも軽やかに、春 鎌倉散歩。
ぼくのレペットのシューズは、水平 垂直 四方八方に散って行く。



img111207.jpg


img111208.jpg


img111209.jpg


img111210.jpg


img111211.jpg


img111212.jpg


img111213.jpg

Cath Kidstonの手さげバッグ

img111225.jpg



いつの頃からだろう。
街で花柄のトートバックを片からさげた女性を多く目にするようになったのは。
しかもかなりの確率ですれ違う。 

中目黒のカラカッタにマトンカレーを食べに出かければ、4、5人。
下北沢のマジックスパイスにスープカレーを食べに出かければ、7、8人。
吉祥寺の豆蔵に野菜カレーを食べに出かければ10人~15人と。(笑)

あまりにも多くすれ違うので気になり始めてきていたある日、
代官山でものすごく賑わっているお店を発見。あのバックのお店だ!
どうやらお店の名前はCath Kidston、ということがディスプレイからわかった。 

お店に入ってみると様々なガラ、様々な大きさ、様々な型でところせましと
ディスプレイされている。 
値段も手頃でこれなら流行るわけだなと一人納得していると、
船の柄のすてきなバックをみつけてしまった。
片からさげてもいいし手でもってもいい。旅行や葉山に持ってお出かけしたら素敵だなと
めくるめく想像を膨らませてしまった。(笑)

でも振り返ってみると女性の長蛇の列がレジ前に出来ている。
少し場違いかな?と買うのをあきらめてしまった。
しかし何時の時も気になるものは買ったものより買わなかったもの。
めくるめく想像は広がるばかりだ。(笑)

そのうち買ってしまうんだろうな船の柄のバック。

へんな貧


img111215.jpg




何だかゆたかな有りがたいものが
そこら中に待つているやうで
この世の深さと美しさとを
身に余る思でむさぼり見る。

この世に幸も不幸もなく、
ただ前方へ進むのみだ。

天があり地面があり、
風があり水があり、
さうして太陽は毎朝出る。

この男のへんな貧を
この男も不思議におもふ。

                               〈高村光太郎詩集より〉

花想い地蔵は花咲かじいさん

img111196.jpg


img111198.jpg




北鎌倉に訪れたならば必ず寄ってしまうのが明月院だ。
寺内は草花であふれ四季折々の景色を楽しませてくれる。

ここにおられる花想い地蔵さんはとてもおしゃれさんだ。

寺内のお花を両手いっぱいにして
毎回違うファブリックを身にまとっているので
今ではそれを確認するのも楽しみの一つになっている。(笑)

今回は赤いマフラーでぼくを迎えてくれた。
ぼくはとうにマフラーはしまい込んでしまっていたので、
もう少しはやく来ていたらペアルックになっていたかもしれない!(少し残念 笑)

花想い地蔵は花咲かじいさん。
寺内にたくさんのお花を咲かせ、ぼくに春の訪れを教えてくれる。
いつもアリガトウ!

Continue reading

靴をよごしに鎌倉へ

img111178.jpg


img111180.jpg



矢内原伊作の大好きなエッセイに『頭のなかをキレイにするには足をよごすにかぎる。』
という節がでてくる。
夢中になって歩いて頭のなかを掃除するという意味のようだ。

いつの頃からだろう、靴をよござないようにキチンと歩くようになったのは。

このエッセイを読むと
土の上を歩き、泥に足をいれ、喜々としていた子供の頃を思い出す。

ぼくの場合、頭を空っぽにして子供の頃のように靴をよごしたいときは鎌倉に限る。
気持ちのいいさわやかな春の週末、人の少ない朝の北鎌倉駅で下車した。
さあ、思いっきり靴をよごそう!

春の北鎌倉は一際美しい。

Continue reading

横浜の外国人墓地

横浜に行ったならば、洋館巡りに中華街。
泊まってもいないのにHotel New Grand(とてもクラシカルですけどね。笑)で一休み。
それにみなとみらいの赤レンガもいいかもしれない。うーん いいですね!

けれどもけれどもやっぱり僕が好きなのは
山手の外国人墓地界隈が一番好きかもしれません。
理由は。。。と考えるよりも
いつもおなじみの猫ちゃんたちがいるんだから素敵な場所に決まってます!
墓地だからと遠慮してしまうかもしれませんがとても和むんです。

元町のウチキパンから急な坂をえっちらほっちらと登って行くと
そこにあるのは素敵なネバーランド。

でもあくまでもお墓なのですが。。。。(笑)


img00111174.jpg


img111176.jpg


img111173.jpg


img111177.jpg

ウチキさんのパン

山手、元町はとても大好きな場所です。
外人墓地の猫に挨拶をし坂を登ったり降りたりと散歩も楽しい街です。

それに老舗のウチキパンでおいしいパンを買って公園で食べる。
そう大好きなウチキさんのパン!
もう幸せ!

世の中にたくさんパン屋はありますがこんなにぼくを幸せにしてくれる
パン屋は少ないです。

味はもちろん美味しいのですがそれだけではなく横浜、元町の歴史みたいのが
手造りのパンからそしてお店の空気からただよってくるから不思議です。
よく考えたらこのパン屋があるから元町がすきなのかもしれません。(笑)


img111130.jpg


img111169.jpg


img111129.jpg

東京

img0111165.jpg


img111159.jpg



赤い唇が色あせる前に
その熱い血潮の枯れぬまに
きみは駆け出すんだね
今日は春の中へ
瞳の中に花が咲いて



img111167.jpg


img111168.jpg



おんぼろ列車に乗って田舎道
銀の帆張った船は海の上
ぼくも駆け出そうか
今日は街の中へ
瞳の中で風が吹いて


                       〈サニーデイ・サービス 『東京』より〉

Kindly

img111164.jpg



ここ1ヶ月の間で100件を超えるブログ拍手を頂きました。
かなり昔の記事まで読んでいただき拍手を頂いております。
気の利いた言葉は思い浮かびませんが素直に感謝を伝えたいと思います。
本当にありがとうございます。

A Beautiful Spring Day 3 (FIN)

駒場東大に辿り着くと
春の日射しを追うように一目散にグランドへ向った。 
桜が綺麗に咲いているのか気になっていたからだ。
下北沢からわざわざ歩いてきたのもそのためなのだけど、
少し小走りになっている自分がおかしかった。

テニスコートでは春休みを満喫している大学生で賑わっていた。
新芽のようにさわやかな学生達は元気一杯だ。
テニスコートを左に曲がると山手通り側の桜の木があるグランドに出る。

見事に桜は咲いていた。
美しい春の日にニヤニヤと歩いてきたぼくはいよいよ万遍の笑みとなった。

カメラのフィルムカウンターは36の数字を指し、
小さなBOXの左隅にあるRollei35の巻き上げレバーの動きが止まった。
こんなに晴れた春の日だ、
代々木上原まで歩いて帰ることにしよう。


img111153.jpg


img111154.jpg

Continue reading

A Beautiful Spring Day 2

img111147.jpg


img111146.jpg




下北沢からは池ノ上の住宅街を通り抜け
東大の先端科学技術研究所へ向かいました。
とてつもなく頭のいい人たちに囲まれながらも歩いていくと
ぼくが産まれる前からそこにある時計塔の校舎が現れます。
そのお隣には京都駅が!(笑)
と思ったら京都駅と同じ設計者が腕を振るった建物がありました。

昔からこの街を見守ってきた愛すべき時計塔の建物はこの界隈のランドマークです。
時間が止まったような校舎に刹那のさくらが添えられている。
これだから春の散歩は面白い!

Continue reading

A Beautiful Spring Day 1

img111134.jpg

img111142.jpg




春爛漫の休日にRollei35を持って身軽になったぼくは相も変わらず街へお散歩です!

どこがいいかと迷ったのですが軽快なRollei35には下北沢がいい、と決定!
そしてこの日天気もよくて気分は最高!
と言う訳で計画性のないぼくの気軽な散歩は下北沢だけでは物足らず(笑)
下北沢から駒場東大前まで歩きさらには代々木上原まで歩いてしまいました!
(歩きすぎ! 笑)

Continue reading

Home > 2009年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。