Home > 2010年01月

2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

みんなで暗室体験!


P71311355.jpg



P71311360.jpg



先日は東京散歩のみなさんと暗室体験をしてきました!
場所は桜木町にあるダークルーム・インターナショナル
ヒツジ草さんが以前から通われている暗室をご紹介してくださったのでした。
関内から引っ越しされたばかりのこちらの暗室は真新しく、東京の以前通っていた暗室より
スペースも広く快適な空間の暗室でした。
スタッフの方もとてもチャーミングで
親切、丁寧な指導もしていただき、まるで夢のような暗室体験となりました。

参加したメンバーは
ヒツジ草さん
空の書斎さん
Fmiさん
さとさん
itokawaさん
koukoさん
それに僕の計7人となりました。

午前中に現像、午後にプリントというスケジュールで進行!
現像はとくに緊張しました。失敗したらもう取り返しがつかないですから。(笑)
最初に明るい部屋でリールにフィルムをまいて練習をするのですけれど
これがなかなか難しくて思う様にいきません。(フィルムがリールから途中はみだしたりします。笑)
明るい部屋でできないのに真っ暗な部屋で出来るわけないよな~と緊張はさらに高まるのでした。

それでもみんな一通りできるようになると暗室で本番です。
本番では最終的にK大先生がチェックをしてくださったので
失敗はなかったのですが一人だったらムラができていたかもしれません。

現像ができフィルムを乾かしている間に昼食を済ませ午後はプリント作業へ。
まず試しプリントをしてだいたいの露光時間を予想し、
フィルム全体を1枚の印画紙にプリントします。(通称コンタクトプリント。)
そしてコンタクトプリントからプリントしたい1枚をしぼり、ストレートプリントを作成します。
ストレートプリントができたらK先生に各自、指導を受け焼き込みやフィルターワーク
を行い完成のプリントを目指しました。

実際、要所でスタッフの方の適切な指導があり進行していくので安心してプリント作業を
進めることができました。(というか指導がないと進行できません。笑)
そして出来上がりのプリントを眺めると
もっと浅い時間で全体を焼いて部分的に焼き込みがしたい~
など欲はどんどんでてきますがタイムアップとなり、残念ながら本日の作業終了です。
自分だけではまだぜんぜん作業出来ないので
もっともっと通ってある程度は一人でも出来る様になりたいと思いました。

それほど楽しい暗室作業、これははまってしまいそうです!

ご紹介、予約をしてくださったヒツジ草さん、
ご指導していただいたK先生、ありがとうございました!




P71301235.jpg



P71301240.jpg



P71301241.jpg



P71301248.jpg



P71301250.jpg



P71301253.jpg



P71301254.jpg

ガレットを食べに井の頭公園へ。


最近ベビーカーを買ったので休日の光太郎くんとの散歩も
徐々に家から離れたところまで行ける様になってきました。

でも何故だか抱っこひもだと顔がみえるから落ち着くのか、ご機嫌の光太郎ですが
ベビーカーは嫌いなようであからさまに不機嫌な顔をよくします。(笑)
ご機嫌をとるためにベビーカーの軒先におもちゃなどをぶらせげてみたりするのですが
あきるとすぐ泣いてしまうんです。(笑)

気持ちのいい天気の休日に吉祥寺まで家族で散歩にでかけました。
井の頭公園を散歩するともう13時も過ぎていたのでお昼ご飯を食べに
公園内にあるカフェ、うさぎ館にいきました。
ここのカフェはフランスの田舎風なインテリアが素敵でフィルムカメラを持って
散歩したときによく椅子を撮っています。

ここのメイン料理はガレットというフランス料理でそば粉を使ったクレープに
いろいろな食材が挟まれた料理です。(日本で言えばお好み焼き?笑)

この日はゴルゴンゾーラをかけたガレットとキノコや野菜をはさんだガレットをオーダー。
こちらでは本場ブルゴーニュのお塩を使い(店内でも販売してます!)
生地にはビールを加えてもちもちの食感に仕上げているようです。

ガレットと言えば神楽坂や銀座のお店が有名ですが、そちらに比べると
こちらのお店はとてもカジュアルで入りやすいガレット屋さんです。
なにより井の頭公園のローケーションが素敵なので
あたかも森のなかでお食事しているようです!

お食事中光太郎くんはぐっすり寝てしまい、ゆっくり食事が出来たので
ついつい一人でワインをハーフボトル飲んでしまいました。(笑)




P71231155.jpg



P71231156.jpg



P71231162.jpg



P71231164.jpg



P71231165.jpg

東京プチ散歩 4


P1171122_convert_20100123081749.jpg



P1171124_convert_20100123081901.jpg




庭園美術館を後にした僕たちは、目黒駅でタイムリミットとなってしまった
書斎さんとさとさんとお別れして、またまた休憩しようと目黒のウエストを訪れました。

ウエストと言えば銀座が有名ですが、同じ味が目黒でも味わえるのが嬉しいですね。
庭園美術館に訪れた時はいつもセットで来てしまいます。(笑)
ウエストでケーキを頼むとこのケーキのサンプルがテーブルにやってくるんですが
こうやって目の前にだされるとどれにしようか迷ってしまいますね!

ここでも皆さんとカメラや写真について
あれこれと楽しくお話させていただきとても充実した時間となりました。
まーぼーさんのダイモンド富士をおいかけて奔走するお話や
マクロレンズについてあれこれみんなで話たり、一口に写真と言っても
人それぞれスタイルが異なって千差万別。またそこが面白いな~と改めて感じました。

ウエストを出たら、陽も暮れはじめていてびっくり。
どれぐらいウエストにいたのでしょうか?(ぼくは珈琲3杯は飲んでしまいました。笑)

ここでkoukoさんとはお別れして
残るぼくたちは近くのギャラリーでヴィンテージプリントを鑑賞してお開きとなりました。

午後一杯の散歩でしたが今回もとても楽しい散歩となりました。
皆様ありがとうございました。
最後に夕景の目黒川のお写真でお別れです。
またみなさんと会える日を楽しみにしております!



P1171127_convert_20100123081931.jpg

東京プチ散歩 お し ま い。

東京プチ散歩 3


ぼくたちはお腹は満腹になったことだし
恵比寿から目黒へ歩いて行くことにしました。

この時点で午後14時前。
東京散歩と言っているけれど、じつはいつもとおり休憩が長い僕たちでした。(笑)

今回目黒までご一緒した素敵なみなさんは。。。
ヒツジ草さん
空の書斎さん
Fmiさん
さとさん
koukoさん
そして初対面のまーぼーさん。
と言うメンバーで散歩させていただきました。


目黒についてから駅前にあるレイモンド設計の聖アンセルモ教会に行ってみたのですが
こちらは日曜の礼拝が行なわれていて残念ながら写真はとれなかったのでした。
(以前GRDで撮影した写真はこちら!

再び駅へ戻り、ヒツジ草さんがご提案された庭園美術館へ行きました。
写真は全て庭園美術館での撮影です。
みなさん結構アクティブに服を汚しながら撮影されています。(いつものことですが 笑)

冬の優しい光に照らされた美しい庭園でみんな夢中で撮影しましたよ!




P1171113_meguro.jpg



P1171108_meguro.jpg



        P1171107_meguro.jpg



        P1171101_meguro.jpg



P1171067_meguro.jpg



        P1171112_meguro.jpg



P1171117_meguro.jpg

東京プチ散歩 2


そうなんです。
キャンディーはフランス帰りのさとさんのお土産で、
(美味しくてとまりません! さとさん、ありがとうございました!)
多治見あられ(これまたいい食感でとまりません!)
とお年賀はウナムさんのお土産だったのです。

ただしウナムさんのお姿はありませんでした。
と言うのも、東京に来るには来たものの体調を崩されて(しかもインフルエンザ!)
多治見にとんぼ帰り。(詳しくはこちらで。
会える事は出来なくてとても残念でしたが、ここはゆっくり静養していただいて
また元気なウナムさんとお散歩に行ける日が来る事を楽しみにしております。
(慈恵医大は光太郎が産まれた病院で毎日通っていたところなんで
 そこでウナムさんが診察されていたなんて不思議な気持ちになりますね。)

ウナムさんお土産ありがとうございました!
そして届けて頂いたヒツジ草さんFmiさん
にも感謝です。ありがとうございました!

そして話の続きを。。。
みなさんが写真展を見に行かれていた恵比寿にぼくはお昼頃に出向いていきました。
実はお正月に同じ写真展をみたばかりだったので
ぼくはみなさんが見終わる頃を見計らって家を出たのでした。

東京都写真美術館に行くとすんなりみんなに会う事ができ一安心。
ちょうどお昼だったのでガーデンプレイスを散歩しながら
近くのカフェ Rue Favartで昼食を食べる事に。
このお店は恵比寿では結構有名なお店で食事もおいしいんですよ!

食事がくる度にみんなでソワソワ料理を撮影したりして
楽しくお食事を頂けてました。
ここでAyaさんとはお別れする事になりましたが、
(Ayaさん、またゆっくり会える日を楽しみにしておりますね!)
僕たちは目黒に向ってプチ散歩をすることになりました!
(メンバー紹介は次回いたしま~す。)




P1171036_ebisu.jpg


  
       P1171038_ebisu.jpg



P1171039_ebisu.jpg



       P1171049_ebisu.jpg



P1171050_ebisu.jpg



        P1171045_ebisu.jpg

東京プチ散歩 1


P1171044_convert_20100117194951.jpg



机に広げられたのは。。。

おフランスからお越しのキャンディーちゃん。
それに多治見からおいでなすった、みなさんご存知の多治見あられ。
こころのこもったお手紙にはあのお方のお姿が!
こんなスーベニールを前にしてぼくはいささか興奮ぎみです!

そしてみんな首を長くして待っていた多治見の若大将のお姿は?

東京プチ散歩。。。つづきます!

小海線


img785_convert_20100117094151.jpg




三連休に出かけた小淵沢での写真です。
小淵沢から小諸をつなぐ高原列車の小海線は1年を通して
その美しい車窓からの風景を楽しめる列車として有名です。
小淵沢で販売されている駅弁もとても美味しいのでこれも楽しみの一つになっています。

ローカル線なので頻繁に列車が通る事はないので
線路の上をのんびり歩いていると遠くのほうからカンカン音が聞こえてきました。
列車が近づいてきたのです。

ぼくは慌てず線路脇に降りて列車がくるのを待ちました。
すると見えたと思ったとたんものすごい勢いでぼくの目の前を通り過ぎました。

その出来事があまりにも一瞬の出来事だったことに驚きました。
と言うのも、いつも列車に乗っていてものんびりした電車だなという印象しか
なかったのでそのギャップに驚いたのでした。
近くでみると結構飛ばしているものなんですね。乗っているのとは大違いでした。(笑)
写真はその一瞬に撮ったもので光のあたり具合なんか
考えている時間も余裕もありませんでしたよ。(笑)

今回は小海線に乗って清里にでも行こうかなと考えていたのですけれど
ダイヤとぼくの時間があまりうまく噛み合なかったので乗る事はできませんでしたが
次回は久しぶりに乗ってみたいと思います。

ELMARIT×JACK LONDON


P1110975_kobu.jpg



最近購入したエルマリートです。
ぼくが購入したのはストッパーのないタイプです。

フードはスーパーアンギュロンと併用の12501。
このフードはプラスチック製ですが肉厚でしっかりした造りが頼もしく、
それはプラスチック製ではないのでは?と思ってしまう程のつくり込みです。

最初は、このセカンドタイプの最終番である280万台のエルマリートを探していました。
銀座の老舗カメラ店にあったのは280万台と270万台のエルマリートがあったのですが
270万台のほうが状態がよくしかもライツ時代の化粧箱もついて
表示価格より値段もだいぶ安くしてくれたのでこの270万台のエルマリートを購入。
家に帰ってシリアルナンバーから製造年をみたところ、
僕と産まれ年が同じレンズであることが分りました。
予期していなかったことですけれど、
ぼくと月日を同じくこの世界をみてきていたのかと思うと愛着がかなり湧いてきました。
このエルマリートがみてきた風景は
ぼくがみてきた東京かもしれないし、知らない外国の街かもしれない。
そしてこれからはおなじ風景をみていきたいと思います。

写りの数字的な性能に関して言えば、現行レンズやコシナ製レンズやGRレンズ
それにニコンやキャノンの現行レンズの足下にもおよばない写りです。
逆光には弱いし近接では歪みがあり見苦しい。
でもどちらの写りが好きかと聞かれれば、
ぼくにとってみればエルマリート(2ndあたり)の写りのほうが好きなのです。

写真のM4の下にある本はジャック・ロンドンの短編集です。
勢いがある文章に荒っぽく男らしい世界のロンドンの短編は、
どこかぼくにエルマリートらしさを思わせます。

雪の清里


P71110964_convert_20100113000254.jpg




三連休に家族で小淵沢に行ってきました。
光太郎君は初めてのあずさに乗ってのプチ旅行となりました。
心配していた電車や車などの乗り物には案外すんなり乗れましたよ!
光太郎君はどうも雪をみてもいまひとつ分っていないようでしたけど。
(当たり前ですね。笑)

ウインタースポーツをするわけでもなく、
寒い冬に寒い山にいくなんて変わり者と思われるかもしれませんが
風景は透き通って綺麗ですし肌で寒さを感じるのもいいものですよ。
朝なんて外にでると『寒い』という表現では表せない程の寒さ。

天気は概ね快晴でしたが山の天気なんですぐさま変わってしまいます。
冬は撮る被写体もあまりないのでそんなに撮影はしませんでしたが
新しく購入したエルマリート28mm(2nd)を付けたM4でもっぱら撮影をしました。
広大な八ヶ岳を28mmで撮るのは気持ちがよかったです。
(現像ができればこちらかVOXの方でエントリーしようと思います。)

今回の写真は数少ないE-P2で撮った風景写真です。(笑)
(ほとんどE-P2では光太郎ばかり撮っていました。)
東京に帰る日の朝、6時前に起きて一人清里まで車を走らせて撮った写真です。
この時だけどんより曇り空でした。
写真をみるとあの寒さが蘇ってきます。(笑)

6 view of GARE DE LYON

もう2年前に旅行に行った憧れのParis。
最初に訪れた場所はこのリヨン駅でした。
再びParisに行ける日が来るならば、(全く予定はないですけれど。笑)
またこの場所からParis散歩を始めたい。



R0012680_lyon.jpg



R0012678_lyon.jpg



R0012677_lyon.jpg



R0012676_lyon.jpg



R0012681_lyon.jpg



R0012679_lyon.jpg

築地市場のカゴ。


P1030782_myhome.jpg





我が家は実家にいた頃から年末に必ず築地市場にお正月の食材をかいだしに行きます。
これがなかなか面白いんです。

まずは高い食材を買うとなるとまずまちがいなく最高に美味しい食材が買えますが
それではつまらないですね。(笑)
せっかく築地で買うんだからと、値切って安くて美味しいものを買いたい。
まずお店をくまなく周り欲しい食材の値段をリサーチ。
そして威勢のいいお店の人にどこ産が美味しいのか?
魚ならどの部分が美味しいのかと聞いてみるととっても安く美味しい食材が買えるんです。
そのコミュニケーションが楽しかったりします。

そこで大活躍するのがこの築地のカゴなんです。
もともと築地の職人さんが好んで使っていたもので
最近は一般の人にも人気がでているようです。
職人さんが手づくりで編んでいてとても丈夫なんです。
手を持つ部分がビニールで見た目はあまり上品ではありませんが
これがなかなかの優れもので重い荷物をいれてもぜんぜん手がつかれません。
お気に入りのカゴなんです。

このカゴに市場で買った食材をどんどんいれていくんです!
今年のお正月の美味しい食材もこのカゴに大漁状態で帰宅しましたよ。(笑)

年明け快晴!

P11020755_myhome.jpg





あけましておめでとうございます!
今年は光太郎くんがいるのでどこにも出かけず家でのんびりしたお正月を楽しんでいます。
(写真もE-P2でもっぱら家族写真ばかり撮ってますよ。笑)

元旦から晴れ渡って気持ちのいい日がつづいております。
今年1年もこんな澄みきったいい1年になることを願っております。

年末からずっと近所ばかりの散歩だったので少しウズウズしてきました。
明日はどこかの街に散歩にいこうかな!

それでは皆様、本年もよろしくお願いいたしま~す!

Home > 2010年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。