Home > 2010年05月

2010年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

あしたっち。


P4252385_koutarou.jpg



すっかり首がすわってきた光太郎君です。
最近では声を出すのがたのしいようで言葉にならない声を一生懸命だしています。
そしてお気に入りはあしたっち!
なにかとあしをあげ、手でつかんではご満悦です。(笑)

話は変わりますがLeica X1やっぱり気になるカメラです。
ライカショップでいじり回しては溜め息です。
DP1、2よりかなりレスポンスはよくそれに加えてあの美しいデザイン。
ダイヤル部分が緻密じゃないのが気になりますが
やっぱりちいさいカメラは大好きなんですよね~
それにしても発売してからいまだに納品まで3、4ヶ月待ちってどういう事?

元町の喜久屋。


P5153153_motomachi.jpg



元町に訪れると必ず撮ってしまう、老舗洋菓子店喜久屋のエントランス。
ここのケーキ、昔ながらの素朴な味で大好きです。

最近まで2階のイートインのコーナーが長い間閉まっていましたが
この日訪れると久しぶりにオープンしていて嬉しくなりました。

それはまるで旧友とバッタリ再開できたような嬉しさ。
(ゲンキダッタ?とはもちろん言ってくれませんが。笑)

やはり元町散歩には欠かせない憩いの休憩室です。

元町と人。


P5153175_motomachi.jpg


P5153178_motomachi.jpg



行き交う人がみんな笑顔で街を愛している。
そんな街を休日に散歩するのは楽しい。
ショッピングだけじゃない楽しみがそこにはあります。

鎌倉もそうだけど元町もそんな街だ。

元町と帽子。


P5153136_motomachi.jpg


P5153143_motomachi.jpg




いくつぐらいから大人と言うんだろう。
大人に憧れていた子供時代はおわりいつしか若者が眩しくみえるようになってきた。

いつか大人になったら元町で服や帽子を買いたいな、となんとなく昔から憧れていた。
もうそろそろ元町で帽子を買ってもいい歳頃なのだろうか。

それはそれで嬉しくもあるけれど認めたくない気持もあるから不思議だ。

休日の朝食は。


P5163247_convert_20100523194001.jpg



僕は不定期だけどある頻度で横浜の元町に訪れます。
休日の朝食に食べるパンを買うためです。

みなとみらい線の駅を出て元町に向うとすぐあるウチキパンの食パンが大好きなのです。
もとより元町もとても品があって大好きな街だから
そこを散歩するのも目的の一つと言ってもいいのだけれど。

ウチキパンは美味しいのにどこか洗練されてないところがたまらない。
東京にも幾つも大変美味しいパン屋さんがあるけれど
多くのパン屋はどこも洗練されたパンで
お客さんが来た時にだすには喜ばれますが
毎週食べるにはなんか抵抗があるんです。(笑)
洗練されていないのに好きだなんて変な話ですよね。

もちろん昔ながらの美味しいパン屋さんだって東京にもありますが
元町散歩のついでに買っていたこのパンが知らないうちに体にしみこんでしまい、
いつのまにかパンを買うために元町散歩をするようになってしまったのです。

毎日でも食べたいのですが
毎日食べるには少しお値段が高いので休日の楽しみにしています。

気持ちよく晴れた日の朝、
カリカリにトーストしたウチキパンをベランダで食べる時間が大好きです。

これが止められないからパンを求めてまた元町を訪れてしまうんですよね。

麻布散歩~麻布の人々~


P5092919_azabu.jpg


P5092930_azabu.jpg


P5092932_azabu.jpg


P5092934_azabu.jpg


P5092936_azabu.jpg


P5092937_azabu.jpg


P5092938_azabu.jpg


P5092940_azabu.jpg


P5092943_azabu.jpg


P5092944_azabu.jpg


P5092946_azabu.jpg


P5092950_azabu.jpg


P5092964_azabu.jpg


P5092963_azabu.jpg

ハ レ マ


P5153201_yamate.jpg


〈山手にて。OLYMPUS PEN E-P2+SUMMICRON-C40 1:2〉

vivement dimanche!


P5042605_hayama.jpg


P5042643_hayama.jpg


P5042651_hayama.jpg


P5042657_hayama.jpg


〈葉山にて。 OLYMPUS PEN E-P2+M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm 1:4-5.6〉

麻布散歩~NATIONAL AZABU SUPERMARKET~


広尾駅から麻布界隈に向かい、NATIONAL AZABU SUPERMARKETへ訪れました。

この界隈はたくさんの大使館があるため外国の方が多く住んでいます。
そのせいかこのマーケットはさながら外国のマーケットのよう。
販売している生活用品を見るのが楽しいところです。

実家に居た頃などはクリスマスのターキーなどをこちらでよく購入していました。
1匹まるごと大きなターキーは食べ甲斐がありますね!

店内では陽気な日本語をしゃべる外国のおじいちゃんが
ギリシアの焼いても溶けないチーズを実演販売していました。
『みんな笑顔だね、笑顔が一番だよ』とは、実演販売のおじいちゃんの言葉。
たしかに笑顔が一番ですよね!
(書斎さんはチーズ買ってましたね。笑)

時間はこの時点で集合してから1時間以上経過していました。
あいかわらずのんびりの東京散歩。(笑)
チャリティーが行なわれていたサーティーワンのアイスをみんなで食べて出発です!

散歩はつづきます。



P5092903_azabu.jpg


P5092906_azabu.jpg


P5092907_azabu.jpg


P5092908_azabu.jpg


P5092909_azabu.jpg


P5092911_azabu.jpg

麻布散歩~広尾駅から~


そうなんです!
この日はかねてから気になっていたと言う写真展をみるために
上京されたFmiさんを囲んでみんなで散歩しようということになったのでした。

Fmiさんがみたいという写真展は水道橋で行なわれていて
それにヒツジ草さんが気になっていたという写真展が六本木のAXIS GALLERYで
行なわれていたのでそれなら両方観よう!となりました。

散歩の計画を立てた当初は雨と言う予報だったので
雨でも散歩ができるミッドタウン、六本木ヒルズに出やすい六本木駅に集合することに。
集合してみると、とても気持ちのいい天気だったので計画を少し変更して
午前中はお隣の広尾駅に出て
AXIS GALLERYまでの麻布界隈を散歩しようと言う事になりました。

集まったメンバーは
ヒツジ草さん
空の書斎さん
Fmiさん
さとさん
koukoさん
それにぼくと言ういつものメンバーです!

カメラはOLYMPUS PEN E-P2一台で
レンズは広尾から麻布十番までをSUMMICRON-C 40mm 1:2をメインに、
麻布十番からAXIS GALLERYまでと
水道橋のGALLERY付近をM.ZUIKO DIGITAL 9-18mm 1:4-5.6をメインに使用しました。


さあ、広尾駅で降りて散歩の始まりです!



P5092900_azabu.jpg


P5092901_azabu.jpg


P5092898_azabu.jpg


P5092894_azabu.jpg


P5092910_azabu.jpg

麻布散歩~プロローグ~


P5092968_azabu.jpg



新しいカメラを買った訳ではございませぬ。
(最近、カメラをみさせてもらうと
 あっななさんまたカメラ買おうとしてる!と何故か言われます。
 まっほんとにそう思っているんだけど。笑)

横浜にいたあのお方のカメラではございませんか!


P5092942_azabu.jpg



相変わらずモッサモサの蔦に反応しているあのお方
ひょっとして横浜に帰って来た?

いいえ、そういう訳ではございませぬ。(笑)

Fmiさんを迎えての東京散歩 麻布編スタートです!

ふか~く、はまってしまいました。


最近、休日は毎日のように持ち歩いているOLYMPUS PEN E-P2です。
デジタルのそのシャープで破綻のない写りはすばらしいのですが
少し撮影が続くとどうも飽きてしまいます。

フィルムみたいに柔らかくボケないのです。
まあ、そんな日は手持ちのLeica M4で撮影すれば事たりるのですが
試しにマウントアダプターを購入して
MマウントもE-P2に取り付けるられる様にしてみました。

手持ちのMマウントのレンズとしては最もコンパクトなSUMMICRON-C 40 1:2
をE-P2に取り付けてみたら驚きです。
ライカの柔らかい写りがそのままデジタルで撮影できるではないですか!
フィルムで撮影したボケ具合がそのままデジタルで再現されているのです。

人それぞれだと思いますが通常、ライカレンズを使い始めるとその造り込みの美しさから
製造年代が古いものに徐々にシフトして行きます。現代のレンズにはない
柔らかい写りに酔いしれることになるのですが、カラーではどうも色再現が悪く
そこが許せなくなり、今度は新しい年代のレンズに目が行くのです。
今度はそれはそれでシャープすぎてこれならデジタルで撮影してもあまり変わりなくなる
のでは?と頭を悩ましてしまいます。
そうこうしているうちに理想のレンズは
『破綻なく柔らかい描写をするもの』と言う風になってしまうんです。(笑)
まぁ用は無いものねだりなんです。
(これはもちろん僕の場合であって人それぞれ違うとは思いますが。)

E-P2にMマウントを付ける事はある意味ぼくの中では少し理想に近づいた出来事でした。
それにEVFの見やすさによりピント合わせはとても良好、
露出もカメラ任せでピッタリくるので撮影も快適です。

SUMMICRON-C 40はLEITZ時代に造られたレンズですがカラーバランスも悪くなく
LEITZらしさにあふれた描写も残っているレンズです。
何よりその少しくすんだ感じの描写が
デジタルで何も手に加えず再現されることに驚きました。

40mmのレンズはE-P2では80mmの焦点距離となりますが
手持ちのM.ZUIKO DIGITAL 17mmパンケーキレンズと
M.ZUIKO DIGITAL 9-18mmの広角ズームレンズのラインナップ
に合わせるには丁度いい焦点距離となります。
3本のレンズを持ち歩いてもほんと軽いんですよね! 素晴らしいの一言です!


〈写真はすべてOLYMPUS PEN E-P2+SUMMICRON-C 40〉



P5082821_shinjyuku.jpg


P5082835_shinjyuku.jpg


P5082839_shinjyuku.jpg


P5082847_shinjyuku.jpg


P5082860_shinjyuku.jpg


P5082824_shinjyuku.jpg


P5082863_shinjyuku.jpg


P5082880_shinjyuku.jpg


P5082887_shinjyuku.jpg

歩道のサキヘ。


P5042613_hayama.jpg



歩道の先が海だなんて
ぼくのロマンチックパラメーターは全開です。

太平洋、その先には何がある?

春をこえて。


P5042639_hayama.jpg



少年と海と砂浜。
夏に近づいていく。

花をいけたりしてみたり。


P5042575_myhome.jpg



鎌倉の喫茶店でよく見る様に
我が家でもよく野花をいけたりしています。

育ちのいい方ならばどこそこのグラスに綺麗なお花を飾ったりするのだろうけれど
僕の場合、ワンカップワインのグラスに無造作に野花をいれるだけ。(笑)
『いける』と言う言葉を使うのが申し訳なく、なるぐらいラフなもの。

育ちの悪さがばれてしまうが(笑)、これはこれで
季節ごとに花が変わるから見ているとなかなかいい気分転換になります。

街も人も。


P4292478_daikanyama.jpg



代官山の写真がつづいております。

代官山を歩いていると
なんだか最近とてもベビーカーを押している人達が目につきます。
西郷山公園も子連れのファミリーが昔より断然多い。

最初は自分に子供が出来たので目につくのだと思ったが
どうもそれだけでは無いようだ。
駅前にあった同巡会アパートがすっかり真新しいファッションビル群に変わり
そこにおしゃれなベビー用品のお店がたくさんあるから?
それだけでも無いような気がする。

よくよく考えると代官山で青春を過ごした世代がもうすっかりパパ、ママになっている。
それが大きな理由のような気がします。


このゴールデンウィークはとくに大きな遠出もしないで
パパ、ママになった旧友に沢山会っています。
昔から知っている友がすっかりパパ、ママになっている姿が
少し新鮮であり、微笑ましくもあり、刺激もちょっぴり頂きました。
また、子供を優しく抱く僕をみてみんなも同じことを感じていたのかもしれません。

街も人も少しづつ変化している、それを強く感じる今年の黄金週間です。

坂のある路地。


P4292479_daikanyama.jpg



東京の好きな風景はいくつもあるが
どこにでもあるようなこんな住宅街のひっそりとした路地も好きだ。
坂の多い住宅街で育ったこともあって
そんな路地が坂になっているとこころ踊ってしまう。

だからぼくの散歩はいつもメイン通りからどんどん外れてしまうんですよね。

忙しい毎日だからこそ休日ぐらいは目的を果たすだけの移動ではなく
少しでも心に余裕がもてる、そんな散歩がしたいものです。

ワインを飲もう。


P4292475_daikanyama.jpg



陽も高くなり爽やかな陽気が続いてます。

こう気候が良くなると白ワインが美味しくなりますね。
ぼくはこの時期から夏にかけて冷えた白ワインを飲むのが大好きだ。

代官山のEATALY
オープンテラスで食べられるとても素敵なお店。

焼きたてのピザにパスタも美味しいけれど一番美味しいのは
このお店で出されるディリーワイン。
もちろんボトルでも、それにマグナムでも買う事は出来る。

高いワインが美味しいのは当たり前だ。
そのお店のハウスワイン、もしくは一番安いワインが美味しいお店は信用できますね。

Home > 2010年05月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。