Home > スポンサー広告 > 神田神保町はやっぱり本の街

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

kouko URL 2010-02-07 (日) 11:11

おはようございます。
神保町、今度行ったら、洋書の写真集を探してみたいと思っていたところです。
大学の4年間を、この町で過ごしました。
お写真は三茶書房さん(?)かな。
古本屋さんにも大変お世話になりました。
でも生原稿を見て歩いたことはなかったなぁ。
この辺りも、お散歩したいですね^^
先日横浜で教えていただいたリナス・サンドウィッチ。
お茶の水のアテネ・フランセにもあるようですよ。

なな URL 2010-02-08 (月) 07:07

おはようございます!
koukoさん コメントありがとうございます。

洋書の写真集専門の本屋さんもありますよね!
ぼくもよく行きます。
こちらの街もkoukoさんにとっては
思い出の街なのですね~
写真の本屋の名前は失念してしまいました。
確か三省堂のとなりの本屋です。
この街は本屋めぐりだけでなく散歩が楽しい街ですよね!

サンドウィッチ屋さん、
アテネ・フランセにもありますよね!
以前こちらのブログでも写真をだしたことありました。
でもこちらでは食べた事はありませんので
今度食べてみますね~ パリと同じ味か楽しみです!

K URL 2010-02-10 (水) 23:10

そんなものは何とか記念館のガラスケースの中に鎮座すべきものだと思っていました^^
肉筆は確かに個性があふれていておもしろいですね。
原稿用紙の升目なんかどう見ても無視しているようなものもありますし、
特に太目の万年筆でざくざくと書かれたものなどは、
内容はともかくいいなあと思ってしまいます。
そういうわけで2年ほど前に太目の万年筆を購入し、
日記はそれで付けています^^;

なな URL 2010-02-11 (木) 08:28

おはようございます!
Kさん コメントありがとうございます。

生原稿結構高い値段で販売しているので
ぼくは眺めて満足しております。
どういった人が購入されているのか興味があります。

そうなんですよね書き方ってその人の性格がでてくるの
でこれは一種の人間観察のようで面白いです。
升目があってもなくてもいいような文章もありました!(笑)

最近の作家さんはみなさんPCで作業されるのでしょうか。 
何十年かたってから村上春樹の生原稿とか販売されれば
うれしいのですけれどPCで作業されてしまうとそうは
いかないですよね。

Kさんは原稿用紙に万年筆で日記書かれているんですね!
とてもかっこいいですね! 
ぼくは日記は子供の頃から苦手なんで憧れが強いんですけれど。。。(笑)
フィルムで写真を撮ったり万年筆で日記を書いたりと
そう言う時間は本当に贅沢な時間ですよね。

aki URL 2010-02-11 (木) 13:16

こんにちは。。

私は写真の次に本が大好きになりまして、
ここへも一度は行って見たい場所だったりします。
本好きにはたまらないのかな。。
私も探してる本があります。
ネットで買えそうなのですが、やっぱり自分の足で探したい想いがありまして。。
この街だとありそうかな。。
ななさんも本好きなのですね。。

なな URL 2010-02-11 (木) 19:18

akiさん こんばんわ!
コメントありがとうございます。

神田神保町は本を探すのも面白い街ですが
東京の昔ながらがたくさん残っている街なので
散歩して老舗の洋食屋や蕎麦屋やビアガーデンに
行くだけでも面白い街です。

akiさんはFmiさんと京都散歩されてから
また京都にいかれたのですね!
ぼくも京都は大好きでよく行くのですが京都が好きなら
きっと神田神保町も楽しめる街だと思いますよ!

本はいつでも好きな時にその世界に入れて気が向いたら
また現実に戻れるので昔から大好きです。
絶版された文庫本をいつも探しているのですが
すぐに必要ではないのでぼくも出会いを楽しみにしてますね。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://xenar.blog80.fc2.com/tb.php/507-e4570716
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from TOKYO 散歩

Home > スポンサー広告 > 神田神保町はやっぱり本の街

Home > tokyo > 神田神保町はやっぱり本の街

神田神保町はやっぱり本の街


img746_convert_20100207073144.jpg




本がびっしり並んでいるとなんだかいつも写真を撮ってしまいます。(笑)
なんか気持ちいいですよね。

写真は神田神保町の古本屋です。
常に探している絶版本があるぼくはこの街に度々訪れます。
そのお店ごとに専門としている分野があり本屋めぐりが楽しい街です。

この街がただの古本屋が集まった街ではないと思うのは、
やはり非常に価値のある骨董品としての本がごろごろ転がっているところだ。(と思う。)
もちろん僕が探している本はそんな価値がある本ではないですが
観るのはただなので買うふりをしてよく観てまわっています。(笑)

最近、はまっているのは作家さんの生原稿を観てまわることです。
作家さんといっても原稿用紙にペンで文字をスラスラと描いていた時代の作家さん、
そう大正から、昭和にかけての作家さんの原稿がよく販売しているのです。
例をあげれば、宮沢賢治に高村光太郎、幸田文に向田邦子などなど。
日本文学の歴史のような人々の原稿を眺めることができるんです。

その方の生の文字を眺めると思っていたより繊細な方なのかなとか
想像とおり文字も豪快だ!とか、観ていてあきません。

歴史上の偉大な人物も生の文字を眺めると内面が見えたようで
ほんの少しだけ親しく感じられます。(笑)

Comments:6

kouko URL 2010-02-07 (日) 11:11

おはようございます。
神保町、今度行ったら、洋書の写真集を探してみたいと思っていたところです。
大学の4年間を、この町で過ごしました。
お写真は三茶書房さん(?)かな。
古本屋さんにも大変お世話になりました。
でも生原稿を見て歩いたことはなかったなぁ。
この辺りも、お散歩したいですね^^
先日横浜で教えていただいたリナス・サンドウィッチ。
お茶の水のアテネ・フランセにもあるようですよ。

なな URL 2010-02-08 (月) 07:07

おはようございます!
koukoさん コメントありがとうございます。

洋書の写真集専門の本屋さんもありますよね!
ぼくもよく行きます。
こちらの街もkoukoさんにとっては
思い出の街なのですね~
写真の本屋の名前は失念してしまいました。
確か三省堂のとなりの本屋です。
この街は本屋めぐりだけでなく散歩が楽しい街ですよね!

サンドウィッチ屋さん、
アテネ・フランセにもありますよね!
以前こちらのブログでも写真をだしたことありました。
でもこちらでは食べた事はありませんので
今度食べてみますね~ パリと同じ味か楽しみです!

K URL 2010-02-10 (水) 23:10

そんなものは何とか記念館のガラスケースの中に鎮座すべきものだと思っていました^^
肉筆は確かに個性があふれていておもしろいですね。
原稿用紙の升目なんかどう見ても無視しているようなものもありますし、
特に太目の万年筆でざくざくと書かれたものなどは、
内容はともかくいいなあと思ってしまいます。
そういうわけで2年ほど前に太目の万年筆を購入し、
日記はそれで付けています^^;

なな URL 2010-02-11 (木) 08:28

おはようございます!
Kさん コメントありがとうございます。

生原稿結構高い値段で販売しているので
ぼくは眺めて満足しております。
どういった人が購入されているのか興味があります。

そうなんですよね書き方ってその人の性格がでてくるの
でこれは一種の人間観察のようで面白いです。
升目があってもなくてもいいような文章もありました!(笑)

最近の作家さんはみなさんPCで作業されるのでしょうか。 
何十年かたってから村上春樹の生原稿とか販売されれば
うれしいのですけれどPCで作業されてしまうとそうは
いかないですよね。

Kさんは原稿用紙に万年筆で日記書かれているんですね!
とてもかっこいいですね! 
ぼくは日記は子供の頃から苦手なんで憧れが強いんですけれど。。。(笑)
フィルムで写真を撮ったり万年筆で日記を書いたりと
そう言う時間は本当に贅沢な時間ですよね。

aki URL 2010-02-11 (木) 13:16

こんにちは。。

私は写真の次に本が大好きになりまして、
ここへも一度は行って見たい場所だったりします。
本好きにはたまらないのかな。。
私も探してる本があります。
ネットで買えそうなのですが、やっぱり自分の足で探したい想いがありまして。。
この街だとありそうかな。。
ななさんも本好きなのですね。。

なな URL 2010-02-11 (木) 19:18

akiさん こんばんわ!
コメントありがとうございます。

神田神保町は本を探すのも面白い街ですが
東京の昔ながらがたくさん残っている街なので
散歩して老舗の洋食屋や蕎麦屋やビアガーデンに
行くだけでも面白い街です。

akiさんはFmiさんと京都散歩されてから
また京都にいかれたのですね!
ぼくも京都は大好きでよく行くのですが京都が好きなら
きっと神田神保町も楽しめる街だと思いますよ!

本はいつでも好きな時にその世界に入れて気が向いたら
また現実に戻れるので昔から大好きです。
絶版された文庫本をいつも探しているのですが
すぐに必要ではないのでぼくも出会いを楽しみにしてますね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://xenar.blog80.fc2.com/tb.php/507-e4570716
Listed below are links to weblogs that reference
神田神保町はやっぱり本の街 from TOKYO 散歩

Home > tokyo > 神田神保町はやっぱり本の街

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。