FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > Tchaikovskyを聞きながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ヒツジ草 URL 2010-06-12 (土) 19:32

作風ってその人を構成してる一部分が現れてるのだろうと思います。
それがすべてをあらわしてる場合もあるだろうし。
憧れだったり足りない部分だったりもするだろうし。
撮りたい写真と好きな写真は違うんだよな~とかね。
撮る時はあんま何も考えてないけど、
撮った後で写真眺めていろいろ考えるのは好きだったりしますねw

なな URL 2010-06-13 (日) 08:26

ヒツジ草さん おはようございます!
コメントありがとうございます。

撮りたい写真と好きな写真は違うっていう
ご意見は面白いですね。
逆にこういうのが撮りたいというのが100%の日も
あったり、その時の心境に寄っても変わってきますね。

僕の場合写真を撮る時っていつも直感的にパツと
なにも考えないで撮っているので
なにか考えるのは100%撮ったあと写真をみた時なんです。
この割合も人によって違ってくるだろうしその割合が
違うだけでも全く異なった写真になりますよね。

でも最近の作家さんのカラーネガでブローニーの作品はみんな同じに見えてしまうのは
歳のせいなのかな?(笑)

ヒツジ草 URL 2010-06-13 (日) 22:43

ポジだと100%なにも考えずにという訳にいかない時もあるけど、
何も考えずに撮れるときのほうが面白い写真になっていたりします。
>カラーネガでブローニーの作品
ななさんの言ってる作品と、
私の頭の中に浮かんでいる写真が一緒かどうか解りませんけど…。
基本的にそういう写真は好きなのだけど、
最近私もちょっと飽きてきたかな~なんて思ったりしてますw


なな URL 2010-06-14 (月) 06:41

ヒツジ草さん おはようございます。
コメントありがとうございます。

ぼくもすごく好きなんですよ。カラーネガの作品。
ブローニーだと自分で撮っても気持ちがいいし
でも昨年ぐらいまでの写真集を本屋でみると
この手の写真が結構多いですよね。
流行と言ってしまったらそれまでですが
単なる流行だとしたら消費されたあとは『飽き』
しか待っていませんが。。。
どうなっていくんでしょうね。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://xenar.blog80.fc2.com/tb.php/562-b55a6eba
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from TOKYO 散歩

Home > スポンサー広告 > Tchaikovskyを聞きながら

Home > tokyo > Tchaikovskyを聞きながら

Tchaikovskyを聞きながら


20100605-P6053462_mytown.jpg




一人でいるときTchaikovskyを聞きながら高村光太郎の詩集を読んでいると、
なんて自分は暗いんだろうと思ってしまう瞬間が(ほんの一瞬だけですが、笑)あります。
Tchaikovskyも高村光太郎の詞もぼくの生活から
決して取り除くことは出来ない大切なものだ。

そいうシリアス(? 表現が違いますよね。笑)なものが好きな反面
ぼくの撮る写真は明るい写真が多い。

人それぞれ写真の表現は様々であって、
同じデジタルカメラで同じ場所を歩いても
やはり出来上がってくる写真をみると人それぞれになる。(と思う。)

だから面白くもあるんですよね。
でもその人の作風っていったいなんだろう?
その人の足りない部分を無意識に補っているのだろうか、
それともその人の自がそのまま出ているのだろうか。
答えは分らないがきっとどっちも答えであるような気がしている。

でもそんな事は考え抜きでまずは楽しく写真を撮って行きたい。
それが全て。

〈E-P2+SUMMICRON 40〉

Comments:4

ヒツジ草 URL 2010-06-12 (土) 19:32

作風ってその人を構成してる一部分が現れてるのだろうと思います。
それがすべてをあらわしてる場合もあるだろうし。
憧れだったり足りない部分だったりもするだろうし。
撮りたい写真と好きな写真は違うんだよな~とかね。
撮る時はあんま何も考えてないけど、
撮った後で写真眺めていろいろ考えるのは好きだったりしますねw

なな URL 2010-06-13 (日) 08:26

ヒツジ草さん おはようございます!
コメントありがとうございます。

撮りたい写真と好きな写真は違うっていう
ご意見は面白いですね。
逆にこういうのが撮りたいというのが100%の日も
あったり、その時の心境に寄っても変わってきますね。

僕の場合写真を撮る時っていつも直感的にパツと
なにも考えないで撮っているので
なにか考えるのは100%撮ったあと写真をみた時なんです。
この割合も人によって違ってくるだろうしその割合が
違うだけでも全く異なった写真になりますよね。

でも最近の作家さんのカラーネガでブローニーの作品はみんな同じに見えてしまうのは
歳のせいなのかな?(笑)

ヒツジ草 URL 2010-06-13 (日) 22:43

ポジだと100%なにも考えずにという訳にいかない時もあるけど、
何も考えずに撮れるときのほうが面白い写真になっていたりします。
>カラーネガでブローニーの作品
ななさんの言ってる作品と、
私の頭の中に浮かんでいる写真が一緒かどうか解りませんけど…。
基本的にそういう写真は好きなのだけど、
最近私もちょっと飽きてきたかな~なんて思ったりしてますw


なな URL 2010-06-14 (月) 06:41

ヒツジ草さん おはようございます。
コメントありがとうございます。

ぼくもすごく好きなんですよ。カラーネガの作品。
ブローニーだと自分で撮っても気持ちがいいし
でも昨年ぐらいまでの写真集を本屋でみると
この手の写真が結構多いですよね。
流行と言ってしまったらそれまでですが
単なる流行だとしたら消費されたあとは『飽き』
しか待っていませんが。。。
どうなっていくんでしょうね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://xenar.blog80.fc2.com/tb.php/562-b55a6eba
Listed below are links to weblogs that reference
Tchaikovskyを聞きながら from TOKYO 散歩

Home > tokyo > Tchaikovskyを聞きながら

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。